スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外泊
今日は外泊許可をもらい2人でおうちに帰ってきました。
パパは仕事でとっちはおばあちゃんと市の運動会に参加していて留守。
とりあえず、お風呂を沸かしておっちんと2人で入りました。
あまり長い時間は入ったらダメと言われていたけど、お湯をあんまり暑くしないで、ゆっくりぬくもりました。

おっちんの病名は『アレルギー性紫斑病』
半月くらい前から幼稚園から帰ってくるたび、膝より下に蚊にさされたようなあとがたくさんありました。
幼稚園はすごく蚊が多かったので、私は何も疑わず蚊と思いかゆみ止めの薬を塗っていました。

すごいかずなのにそれにしてはあまりかゆがらないなあ・・なんてのんきに思っていました。

そして先日、幼稚園から帰ってきたおっちんは「ボールが足に落ちた」と言ってすごく痛がり、見るとすごくはれていました。
そのはれ方は鉄のボールでも落ちたかのよう・・・
おっちんにどんなボールか聞くと、それでそんなにはれるかなあっていう感じのもの。
とりあえずシップをはりました。

そして次の日、お祭りがありかなりたくさん歩いたおっちん。
夕方、歩けないと訴える。
シップをはいでみると真っ赤にかぶれたあとが・・・
座って抱っこしていると今度は手が痛いと訴える。
見ると、左手だけすごいはれ方。

さすがに心配になって病院に行ってみる。
皮膚科に・・ともいわれたけど、なんとなく皮膚科じゃないって思ったので、小児科を受診した。

はじめ先生は手を見てなにかなあ・・って言っていました。
ここで、私もずうずうしいのでついでにかぶれの薬ももらっておこうという考えが働き、足も見せた。

先生・・あっこれは・・って答えすごく早かったです。
はいていたスパッツをおろすと、太ももまですごい数の紫斑でした。
すぐ入院を告げられました。

ネットで調べてみると、いきつくところにすごい怖い病名が・・・
私はネットで見るのをやめました。

おっちんはとりあえず2週間の入院といわれました。
治療は安静にすることです。
そして1週間たちました。
先生はおっちんのあまりのおとなしさにびっくりして、これなら自宅で安静でもいいかなと言ってくれました。
もちろん、病院よりは多少動くかもしれませんが、みんなと一緒がいいもんなあ・・・
この外泊後の尿検査の結果次第では月曜日に退院できるかもしれません。
11月いっぱいは基本的に安静という生活になると思いますが、家族そろってることが何よりの治療になるかなと思います。



... Read more ▼
本当にどんな病気があるかわかりません。
私の住んでる市は安心していける小児科がないように思います。
私が信頼できる先生がいないということなのかもしれませんが・・・
前は少し鼻水がでたとか、咳をするとか、何か普段と違えばすぐに病院に連れて行ってたのですが、その先生がいなくなりほかの病院をくまなく受診したのですが、どの先生の診断も納得がいかずいつももやもやしていました。

子供の入院できる病院はうちの市にはないのです。
本当に困ります。
もっと子供に優しい市になってくれればいいのになあ・・・

       20071103152035.jpg
久しぶりに太陽の下で遊ぶおっちん。
楽しそうにシャボン玉をしています。

病室はすりガラスなので窓を開けなければそとの景色は見えません。
車に乗り、真っ青な空をみたおっちんは作詞作曲で歌い始めました。
「青いお空~~♪地球のお空~~♪みんなのお空~~♪」
すごくうれしかったんだろうなあ・・・
スポンサーサイト
*

kayo

Author:kayo

リンク
カテゴリー
最近のコメント
お気に入り

*

*
*

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。